盗難の経験とゴルフ保険

盗難の被害、実は結構な方が遭われているようです。

前の記事で述べたように、私もその被害者のうちの一人です。

そこで浮き彫りになったのがゴルフ保険に入っていた者と入っていなかった者との違いですね。

事件はそうですねえ、一年ほど前に起こりました。

私を含めた三人でホールを回っていたときのことです。

一段落し、休憩を兼ねて喫煙所で煙草をふかしていました。

ゴルフ談義に花を咲かせ、さあ再開しようと喫煙所を出ると、私と仲間二人のゴルフセットが、まったく見当たらないのです。

今思えば、私たちも迂闊でした。

誰か一人を残すとか、目につく場所にゴルフセットを置くとか、いくらでも工夫はできたはずです。

けれどそのときは、ゴルフに夢中で、まさか盗難に遭うなんて思ってもいませんでした。

そして、そこで明暗をわけたのが、ゴルフ保険に入っていたかどうかの違いでした。

加入者は私だけで、他の二人は加入していませんでした。

つまり、盗難の被害を実質的にこうむった、というわけです。

幸い私は、盗難に遭ったのはショックでしたが、その費用をすべて保険会社にまかなってもらいました。

しかし友人たちは、ゴルフ保険に加入していなかったせいで、思わぬ出費に見舞われることになりました。

そのうちの一人は、高額な出費に嫌気が差して、ゴルフとも疎遠になってしまいました。

もう一人にはもちろん、私はゴルフ保険を勧めました。

友人はすぐに加入しました。

これで万が一盗難に遭っても、高額なゴルフセットをもう一度そろえる必要はなくなったのです。

友人に勧める際に参考にしたサイトがこちらです。

安心のゴルフ保険との上手な付き合い方を知ろう

盗難に遭っても大丈夫という意識があるだけで、ゴルフを心から楽しむことだってできます。

逆にゴルフ保険に入っていないと、また盗難に遭うかもしれない、という恐怖から心底楽しむことはできませんよね。

そう考えるとますます、保険に加入する重要性は際立つというものです。

私はだから、保険に入っていて本当によかったと思っています。

もし保険に入っていなかったら、私もゴルフをやめていたかもしれません。